腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スパイダーマン3」


Category: 映画 アクション   Tags: ---


いきなり3ですみません。
久しぶりに観たので忘れないうちに。

[あらすじ]
スパイダーマンの正体であるピーター・パーカーは、彼女のMJとの関係もよく順風満帆な日々を過ごしていた。親友だったハリーは、ピーターが父の仇だと信じ、ピーターを襲うが、争いの末ハリーは、父が死ぬ以前から最近までの記憶とピーターへの憎悪を失う。
いっぽう、脱獄犯が叔父殺しの真犯人と知ったピーターは怒り、謎の液状生命体「シンビオート」がピーターの体を黒く染め、気がつけばピーターは今まで以上のパワーを持った「ブラック・スパイダーマン」となっていた。




続編という性質上、ネタバレ多めなので、感想は追記に折りたたみます。
代わりに一つ小話を。
この映画、ポスターが日米で同デザインが違う、ということで当時ちょっと話題になりました。
今作は正義のスパイダーマンがシンビオートの影響でブラック・スパイダーマンという「悪」になりかけて葛藤する、という、自分の中での正義と悪との戦いがテーマとなっているため、「ガラスに映るもう一人の自分」という王道な構図なのですが、それが↓のように真逆なのです。

スパイダーマン3


米国版は赤いスパイダーマンが実体、黒が虚像。
日本版は黒が実体、赤が虚像。
両国の文化の違いをよく表していて非常に印象に残っています。
米国版のほうは、本来のヒーローを主体とすることで、外部からの悪の誘惑、悪が襲いかかる、というイメージですが、日本版は「誰でも心に悪の部分がある」という内からの悪の表出、という印象を受けました。
日本は米国ほどマッチョヒーロー信仰みたいなものがないので、ヒーローかっこいい!よりもヒーローだって等身大の人間、のほうが好まれるのかもしれません。


以下、追記より萌え語り。


テーマ : 腐女子的思考    ジャンル : サブカル

「モーリス」


Category: 映画 耽美   Tags: ---


[あらすじ]
同性愛が犯罪とされていた、20世紀初頭のイギリス。
モーリスは知的なクライヴと親密になり、恋愛関係になる。
しかし社会に出て、地位も名誉も失うことを恐れたクライヴはモーリスに別れを告げ、女性と結婚した。
失意のモーリスは、若い猟場番アレックに性癖を見抜かれ、迫られるのであった。




[感想]
↑のあらすじ見ただけでも「え、BL?」と疑いたくなるような物語ですが、
以前「萌え映画初心者におすすめ」と紹介した「アナザー・カントリー」と並ぶ、イギリスを舞台とした素晴らしき萌え映画です。
とにかくまず映像がうつくしい。
序盤はふたりの学生時代ですが、ハリポタよろしくイギリスの古い伝統ある学校ってそれだけでドラマになるというか、趣があるように思います。
その後もクライヴ邸を中心とした貴族の生活など、どれも風景や映像が魅力的です。
そういえば「イギリスは雨やくもりが多いのが萌え」って話を聞いたことがあるけれど、全体的に空が曇っていて、それがまた物語のもの悲しさを表現しているのかもしれません。

当時のイギリスでは、同性愛は犯罪となっていました。
作中でも言及されていましたが、以前レビューも書いた『ドリアン・グレイの肖像』などで知られるオスカー・ワイルドも「同性愛の罪」で逮捕された時代です。
この「犯罪行為である」ということによってふたりは、年を取るごとに苦しめられていきます。
以下、追記よりネタバレ込みで萌え語り。


テーマ : 腐女子的思考    ジャンル : サブカル

『劇場版 SPEC~天~』簡易レビュー


Category: 映画 SF   Tags: ---
ちょっと忙しかったもので、ご無沙汰していてすみません。
以下、追記よりSPEC映画の簡易レビューです。
なるべく重要なネタバレは避けておりますが、多少のネタバレはしているので注意。



テーマ : 腐女子的思考    ジャンル : サブカル

「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」


Category: 映画 アドベンチャー   Tags: ---

たまたま3を観返したので、忘れないうちに3からレビュー。


[あらすじ]
冒険家兼考古学教授インディ・ジョーンズに依頼が来る。
キリストの聖杯の所在を示す重大な遺物を手に入れたが、調査隊の隊長が行方不明になったため、探して欲しいというのだ。その隊長が自分の父・ヘンリーであると聞き、インディは依頼を承諾するが…。



インディ・ジョーンズといえばTDSのアトラクションにもなっているので、映画を未見の方でも何となく知っている人も多いはず。
この3作目のタイトルに「最後の」って書いてあるのに最近シリーズ4作目も作られたのはご愛敬です。
シリーズ4作全部、安定した面白さではずれなしなのですが、3作目に当たる今作は、父と子の確執がメインなため、一番の萌え映画かなと思います。
シリーズものですがそれぞれのつながりはあまりないので、どこから観ても問題はありません。
以下、追記より感想。



テーマ : 腐女子的思考    ジャンル : サブカル

相棒最終回簡易感想とBL小説レビュー


Category: BL BL小説   Tags: ---
ついに相棒で神戸が卒業したりホームズ映画が地上波初登場したりと忙しいですがいかがお過ごしでしょうか。
神戸君卒業は亀山君卒業よりよほどきちんとした卒業で何というかずるい!と思わなくもないですがw、最終回の脚本自体は個人的に面白かったです。
ああいった知能プレイを利用した「裏切り」は、おそらく亀山君では描けなかったでしょうし、そういった意味でも神戸卒業にふさわしい終わり方だったと言えるのではないかなあと。
ただ右京さんについて、亀山君もたまきさんも神戸君も官房長もいなくなってしまったうえでの「ようやくひとりに慣れてきた」という最後のことばが苦しいです。
もし次の相棒11があるならばそのときこそ右京さんに幸いあれ…。



さて以下追記からは、久々にフォルダ整理中に出てきたBL(言ノ葉シリーズ)レビューのリサイクルですー。

テーマ : ボーイズラブ    ジャンル : アニメ・コミック
カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。