腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密(木原音瀬)


Category: BL BL小説   Tags: ---

この作品、内容が内容だけに、ネタバレ抜きで感想書くのは不可能な気が致します。
BLなのに(笑)!
そんな訳で、以下、ネタバレありですが、つらつらと感想書かせて下さい。
肝の部分は一応反転してます。


木原さん研究討論会(?!)を暫し行うお友達Tさんに「今回は痛くないですよ!」と言われていて(笑)、
1篇目読んだ段階では「いや、ある意味激痛なんじゃ?!」と焦っていましたが、2篇目と3篇目を併せて読むと納得しました。
確かに、今回は平和だった!(そうか?!)
少なくとも前回のトラウマはやや解消されました。(あれは辛くて感想も書けないぜ…)
でもやはり、個人的には1篇目はBLとしての萌えどころは余りなかったです。
ていうか主人公に感情移入して読んだらある意味萌えどころじゃなかった。笑
萌えられるタイプの主人公でもないですが、攻めの杉浦の不器用さもまた最初とても苛々して仕方なかった・・・。
しかし2,3でその辺が上手く生かされていたので、結局最後まで読むと良い作品だなあと素直に思う次第です。
杉浦の難読症に関して丁寧に描かれていて、真面目な作品としても印象的でした。
杉浦の家族との確執など、ラストも感動的なつくり。
難読症と言えば、T・クルーズが有名で、あとオーリもそうだったような。
そういえば以前、ある映画監督が、難読症のアクション監督を起用した際に文字を読む人間では思いつかないような発想がすごい面白い、と言っていたのを思い出しました。
意外と多いけど、知られていないですよねえ。
そういうものを知るという意味でも面白いのでは。
何だか最近の木原さんの作品って、社会問題みたいなものをさり気なく投入しているものが多い気が。
それが主張にならず上手くBLに昇華されている点がまた面白い。

どうでもいいけど、今回、木原さんの作品の割には(?)やってるシーンが多くて、
油断して電車の中で読んでたので(おい)、やや焦りました。結局ほぼ全部行き帰りの電車の中で読んだけど(死ね)

あと榎本さんにも恋人を作ってあげて!と思います(そこかよ)
ああいう自由恋愛主義の男前が誰かにのめり込んでいる姿が見たいと思うのは私だけですか。
彼もそろそろ幸せになってもいいと思うよ!(え、別に今特別不幸って訳ではないんじゃ)

あとは割に肝の部分のネタバレを含むけど叫びたいことがあるので、
以下、反転。↓

ていうか本当はここが一番言いたかったのですが、
1篇目読了時、
「こ、こええー!!」
と思いました・・・。
最後まで読んで落ちを知ってすら尚。
寧ろその為余計。
主人公視点で考えてあれはあれですごい怖くないですか。
ど、どうしよう、私の人生私の都合のいい妄想だったら!みたいな。
本当は皆私の妄想狂を笑ってるんだ!うわーん!(何その意味不明な被害妄想)
まあそこまでは行かなくとも(笑)、そんな薄ら寒さを感じました。
茶屋町さんの美麗イラストもまた、綺麗なんだけど、切り絵のような雰囲気なのでそこがまた現実味がないというか、妄想と現実の境目みたいな感じで怖さを増幅していたような…。
オチは流石に何となく想像出来てはいたものの、主人公に感情移入すると怖いったら。
1篇目は私完全にミステリーとして読んでました、多分。
(※追記)
友人と話していて、「生きていたならあの男は何故再会した時迫って来ないのか?」という話が出たんですが、個人的には追ってこないから余計怖いのかなあ、とも思います。
もしかしたら、彼が迫ってくるというもうそこからが妄想かも知れないわけで…。
結局、何処からが現実で何処からが妄想だったのかは分らず仕舞いなところが怖い…。



↓宜しければランキングクリックしてやって下さいm(__)m
fc2ブログランキング  ブログランキング
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。