腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらしのよるに


Category: 映画 アニメ   Tags: ---

この作品の映画化が決まった時、本屋で特集が組まれていて原作の絵本シリーズが大々的に置かれていました。
私はこの本をかつて読んだのが幼稚園くらいなので内容を全く覚えておらず、映画の原作ということで1巻目をぱらぱら見ていたらついつい続きが気になってしまい立ち読み、そのまま全巻あっという間に読んでしまい(絵本なので、ぱら読みだと一瞬なのですが)、良い歳して危うく本屋で号泣するところでした。
そのままレジに直行、お持ち帰りしたことは言うまでもありません。
原作、泣けます。
良かったら原作も読んでみて下さい。
いつの間にか文庫版も出たっぽいので、読みやすくなったかと。



[ストーリー]
ヤギのメイとオオカミのガブは、嵐の夜にお互いの正体を知らぬまま友達になる。
二人は正体を知っても友情を貫いていたが、互いの群れにバレてしまい…。
動物界のロミジュリみたいな…(違う;?)



原作の段階でも、メイが女の子(で二人の恋愛物語)だと思っていた人も結構いると聞きました。
確かに、二人のロミジュリ的関係は恋愛物語にしたくなるような様子。
個人的には、普通に二人が強い友情で結ばれていたって良いじゃないと思っていました。
その一方で、映画に関しては、某Y新聞で「同性愛的」と表現されていたのを始め、児童向けなのに突っ込みどころ満載の記事が様々なところで見られました。
うん、でもまあ、

割とどれも事実でした。(真顔)

ガブとメイのやりとりが友情なんだけど友情なんだけどこれ、人間で考えたら、
要するにお前ら出来てんだろ?(真顔)
という結論に達せざるを得ません。
以下、長くなるので追記にて。


そもそもアオリ文から凄いですよねこれ。

「友達なのにおいしそう――」

て。
いや、まあ、そりゃあそうなんですけど…(笑)。
え、BL?(違えよ)
しかも二人は全編を通して
「あなたに出会えて良かったって思ってるんです」

だの
「何があっても守る」

だの。
え、BL?(だから違えよ)
もう何だか、一生やってろこのバカップル!と砂吐きそうなラブラブっぷりの台詞の連続。
何だろう、これ、児童向けだよね…?
それとも児童向けだから却ってこんな風に無意識にこちらにダメージを与え続ける作品を作れるの…?
こちとら萌え死ぬかと思いました。

また、この作品は、キャストさんも素敵なのです。
芸能人が声優をするとどうしても「・・・(-_-;)」という場合が多いですが、
この作品に関してはこれはこれでオイシイので良いと思います。(特に主役2人)
まずガブを演ずるS堂さんはデスノでも活躍している通り、全く違和感のない演技です。
で、メイを演ずるN宮さん。
彼の台詞回しは声優慣れしていない俳優さんらしいたどたどしさがあるのですけれども、何かそこが良いというかメイに合っているというか・・・、

ぶっちゃけそこが萌えるんで良いかなと。(良いのか)

とにかく二人の可愛さは異常。
あと全ての台詞のやり取りを二人がマイクの前に並んで演じたんだと想像すると何か萌え 笑えます。
そのくらい台詞のやり取りが可愛い。
動物だし子供向けだしと思っている方も、腐女子ならば是非とも騙されたと思ってご覧になってみると良いと思いますよ!(笑顔)


[総合評価]
原作が絵本のアニメという完全子供向けのつくりなので、単純明快でご都合主義の展開は、大人には多少物足りないかもしれません。
しかしそこは萌え映画。(?)
二匹の関係に萌えている内に気にならない気がします。
個人的には原作の絵本らしい雰囲気が好きだったので、今作品のアニメアニメした雰囲気(?)が少し馴染めなかったのですが、まあ慣れの問題でしょう。
確かなことは、原作よりも萌えレベルは遥かに上昇しているということです。




↓宜しければランキングクリックしてやって下さい。
励みになりますm(__)m
fc2ブログランキング
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。