腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モーリス」


Category: 映画 耽美   Tags: ---


[あらすじ]
同性愛が犯罪とされていた、20世紀初頭のイギリス。
モーリスは知的なクライヴと親密になり、恋愛関係になる。
しかし社会に出て、地位も名誉も失うことを恐れたクライヴはモーリスに別れを告げ、女性と結婚した。
失意のモーリスは、若い猟場番アレックに性癖を見抜かれ、迫られるのであった。




[感想]
↑のあらすじ見ただけでも「え、BL?」と疑いたくなるような物語ですが、
以前「萌え映画初心者におすすめ」と紹介した「アナザー・カントリー」と並ぶ、イギリスを舞台とした素晴らしき萌え映画です。
とにかくまず映像がうつくしい。
序盤はふたりの学生時代ですが、ハリポタよろしくイギリスの古い伝統ある学校ってそれだけでドラマになるというか、趣があるように思います。
その後もクライヴ邸を中心とした貴族の生活など、どれも風景や映像が魅力的です。
そういえば「イギリスは雨やくもりが多いのが萌え」って話を聞いたことがあるけれど、全体的に空が曇っていて、それがまた物語のもの悲しさを表現しているのかもしれません。

当時のイギリスでは、同性愛は犯罪となっていました。
作中でも言及されていましたが、以前レビューも書いた『ドリアン・グレイの肖像』などで知られるオスカー・ワイルドも「同性愛の罪」で逮捕された時代です。
この「犯罪行為である」ということによってふたりは、年を取るごとに苦しめられていきます。
以下、追記よりネタバレ込みで萌え語り。


[萌え語り]
モーリスクライヴは、大学で出会い、

「頭の切れる美形な先輩に憧れていたら、その先輩に告白される凡庸な(かわいい)後輩」

というテンプレ設定のような恋愛関係を結びます。
ふたりが原っぱで戯れたり、人の目を盗んでこっそりキスしたりする姿など、萌えすぎて苦しいです。

モーリス


しかしラブラブだった学生時代を終えたあと、ふたりの関係が徐々に狂い出すのでした。

モーリス3

クライヴは政治家志望だったため、知人が同性愛罪で逮捕され地位を剥奪された姿を見て、モーリスとの関係から逃げはじめます。
モーリスが

「君がいれば地位も名誉もいらない」

と健気に言っても、結局、クライヴはモーリスから逃げ、女性と結婚してしまいます。
クライヴへの思いを断ち切れないモーリスは、医師に催眠術療法での「治療」をはじめる。
(同性愛は病気で治療すれば治る」という考え方をする人は今でもいるようですが、当時はもっと切実だったのだということがこの場面でよく現れていると思います)
ふたりのどちらの気持ちもわかるがゆえに、そのすれ違いが切ないです。
腐女子としましては、「クライヴおまえ、最初にモーリスに告白したくせに最後まで責任を持てよ」と怒りたくもなりますが(笑)、「犯罪者になる」ことを恐れずに愛を貫くことの難しさ、のようなものも感じさせる作品。

そんな治療などうまくいくわけもなく落ち込むモーリスは、猟場番アレックに迫られて勢いで関係を持ってしまいます。
このアレックがまたいい。

モーリス2

それまでの登場人物は貴族的な人物ばかりだったのが、ここにきて一転、まったくちがう種類の人間。
それはモーリスが(当時は犯罪だった)同性愛を貫くことで、貴族的な慣習などから離れていく暗示のようでもあります。
(実際、それまでクライヴとはプラトニックな関係だったのが、ここにきてついにアレックと一線を越えます)

物語は、最終的にはモーリスがこのひたむきな野生系男子アレックに半ばほだされる形で、一応のハッピーエンド。
wikiいわく、原作が生まれた当時は同性愛ものでハッピーエンドは珍しいそうで。


[総評]
長編の原作をまとめたため、どうしても駆け足というかダイジェストのような印象があり、登場人物の感情の移り変わりが早く感じるかもしれません。
上映時間も割と長め(140分)。
しかし、英国貴族を描く映像美は素晴らしいし、なにより、この健気系モーリス、完璧美形クライヴ、野生系アレックという三者三様の男たちが葛藤する姿は萌え必至なので、萌え映画として一見の価値ありです。


ちなみに原作はE・M・フォースター。
以前『ゲイ短編小説集』のレビューでもちらっと紹介しましたが、このひとの作品はこういう系が多いです。


fc2ブログランキング  ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 腐女子的思考    ジャンル : サブカル

Comments

「モーリス」私も大好きです。
古い記事にコメントさせていただき、すみません。
「モーリス」、本当にいい作品ですよね。
私も知人に教わったのですが、この映画の作られたもののカットされたされたシーンがYOUTUBEに上がっていて、こちらを観ると、実は本当に原作に忠実に作った上で最終形を模索してあの形になったんだなということがよく分かります。
ぜひご覧になってみてください。お蔵入りになったのがもったいないような素敵なシーンもあります。
https://www.youtube.com/watch?v=umjp7qqpn5A
 

Leave a Comment


カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。