腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「御法度」


Category: 映画 同性愛   Tags: ---


[あらすじ]
新撰組に新しく入隊した美男子・惣三郎。同期に入隊した田代をはじめ、隊士の中には惣三郎に言い寄る者が現れ、副隊長・土方は頭を悩ませる。そんな中、言い寄っていた一人・湯沢が惨殺される。



原作は司馬遼太郎の短編集(↓)。

司馬氏の新撰組の作品というと土方が主役の『燃えよ剣』が有名ですが、『新撰組血風録』は隊士ひとりひとりにスポットを当てた短編集で、歴史のう ねりを感じる長編とはまた違った日常系の面白さで、さくっと読めるのでおすすめ。

この映画はこの短編集の男色モノ「前髪の惣三郎」に、「三条磧乱刃」のエピソードを混ぜた作品です。
音楽は坂本龍一なので、そこも見どころです。


[感想]
新撰組は多くの腐女子が一度は通る、萌えのるつぼ、ロマンですよねえ。
これまでにどれほどの新撰組モノが誕生し腐女子を魅了していったことか…。
この事件自体は司馬氏の創作ですが、当時は男色も珍しくなかったし、男しかいないような環境では、間違いが起こっても不思議ではありません。


隊士たちを惑わす美青年・惣三郎は松田龍平。
彼はこの作品でデビューしたのですが、とにかく雰囲気がいい。
デビュー作だからか台詞回しはたどたどしさが残りますが、台詞も少ないため、そこまで気になりませんでした。
流石に行為中のシーンはいくらなんでも無表情すぎだろ、と思いましたがw
え、それ入ってるんだよね?入ってないの?みたいな。シモの話ですみません。
しかしそれ以外の部分では、たとえば屯所の雑魚寝のむさ苦しい感じと対比するようにうなじや伏し目を色気たっぷりに映していて、「これじゃあもてても仕方ない」と思わせます。
そして、最初はうぶだった惣三郎が、いろいろ迫られているうちに徐々に男を手玉に取るように成長するさまは萌えどころです。


対して他のキャストは実力派揃い。
個人的に特に印象に残ったのは、彼に思いを寄せる田代(浅野忠信)。
時に健気に時に思い切って惣三郎へアタックするようすに萌えます。
tabu-gohatto-02.jpg


新撰組の人気どころと言えば沖田と土方なのでそのふたりにも言及すると、
沖田は武田真治。
年齢こそ高めですが、原作のイメージ通り(現在流通している沖田像はほぼ司馬先生の創作ですが)、無邪気なくせにどこかくせ者っぽさがあってかわ いいです。
土方がビートたけし、というのは史実年齢的にもかなり違和感があったのですが、作品の中では違和感がないし、これはこれ、という感じでしょうか。(土方萌えの方で「こんなのありえない!」という方は、別物として見るのが得策かもしれません)
御法度2


あ、あと、以前レビュー書いた雨月物語「菊花の約」について沖田が言及するシーンがあります。
あれも男色物の古典でかつホラー要素があるので、徐々に妖艶に凄みを増す惣三郎のイメージにマッチしていました。


[総評]
全体的に史実より年齢が高めなためか、やや重たい印象です。
じわじわと進む映画なので好き嫌いが分かれそうな映画ですが、萌えがあれば大丈夫という腐女子ならば、大いに楽しめるはず。

個人的にはラストがいまいち。原作でオチは知っていたのですが、演出が何だか説教くさいというか興ざめするというか…。
もうちょっとどうにかならなかったのだろうか。

どちらにせよ、惣三郎くんの総モテっぷりだけでも一見の価値あり。



余談ですが、大島渚監督、ビートたけし出演、坂本龍一音楽と並べば思い出すのは「戦場のメリークリスマス」(↓)。

言わずもがなの名作です。映画を観たことのない方もあの音楽は耳にしたことがあると思います。やや同性愛的な描写もあるし、いずれこの作品もレビューを書きたいです。


よろしければランキングクリックして下さい。m(__)m
fc2ブログランキング  ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

Comments


こんにちは、お久しぶりにコメします。
松田龍平の美少年っぷり、よかったですよねーー。
昔観たので大分おぼろげなのですが、世話役?的なことをさせられる人が好きでした。
その気はないのにノンケなのに、周りからも言われるしで反論してるところが可愛かったよーな(笑)
あれ、虫よけしてたんだっけ?
お前、吉原行け!って龍平にアドバイスしてたんだったかな?

ところで、ある意味バディ作品「まほろ駅前多田便利軒」の映画版はご覧になりましたか?
実は先日観まして、この上なくがっかりしたんです。
(レビューもしてます。ほぼ悪口ですが。)
ところが世の中的にはふつう、もしくは面白い作品みたいで、アレ、あんなにがっかりしたの私だけ!?みたいになってまして。
葛城さんの感想聞いてみたいです。
見てなかったら、オススメできませんがつまんないの私だけかもしれないのでレンタル枚数足りない時にでも見てみてほしいです(笑)
 
No Subject
>ヒカル様

おひさしぶりです、こんにちは!
松田龍平の美少年っぷりいいですよね~。
>世話役
山崎さんですかね?いいですよねw全くその気はないのに仕事で付き合わされて勘違いされ…という苦労性さが可愛いと思いました。

>「まほろ駅前多田便利軒」の映画版
原作が好きなのでどうなのかなあと思って未見だったんですが、そうですか…がっかりな出来ですか…orz
怖いもの見たさ的なノリでいずれ見てみたいと思います。見たら感想書きますね!^^

コメントありがとうございました!
 

Leave a Comment


カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。