腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ROOKIES -卒業-」


Category: 映画 青春   Tags: ---

<簡易説明>
不良学生達が教師と共に甲子園を目指すドラマの完結編。


過去何百回とやられたストーリーですが、高校生が汗と涙で野球に打ち込む話は何回やられても良いものです。
ドラマ版は評判が高く、このドラマでブレイクした若手俳優も多いと思います。
映画はドラマ版に引き続き、野球部が甲子園を目指す物語。
それにしても、メンバーが3年生になる4月、新入生の部員を募集するところから始まり、卒業式までやるサービス精神の旺盛さよ…。

<レビュー>
ドラマのメンバーに加え、新しく二人の新入生が入部し、また新しい萌え関係が生まれていく野球部員たち。
反発したり悩んだりしながらも、甲子園という夢に向かって進んでいきます。
新入部員の二人の後輩もまた、それぞれがそれぞれの形で、先輩に反発しながらも徐々に好きになっていくというBL展開を披露してくれます。
それにしても赤星くんがテンプレのツンデレすぎる。


原作の漫画から抜け出たような登場人物たちの熱いやり取りは、ドラマに引き続きとてもいいです。
不良が先生と共にがんばる話はありがちではありますが、いわゆる「イケメン俳優」で、かつ漫画の登場人物そっくりに揃えた点が見所。
また、川藤先生役の佐藤隆太さんは元々この作品の大ファンだということですが、このパワフルな教師役を本当に熱演しています。

萌え映画としても見所満載で、登場人物が多いせいもあって正直、萌えたシーンを挙げようと思っても何処をあげていいのか分かりません。
だいたいからして高校野球を題材にしている時点で萌えるに決まっておりますが、流石漫画原作というべきか、登場人物全員が個性的で面白いです。
その上に先生や他校もいるから判断に困ります。




ただ、ドラマ未見の人にも分かるよう説明されてはいますが、内容的にはやはりドラマの完結編という印象です。
ただでさえ要素の詰め込みが多いのに加えドラマ版のあらすじも挿入するので、やや説明調になっている部分も。

また、個人的には、熱い会話の応酬が多すぎて流石にお腹いっぱい感がありました。
試合中だろうと何だろうと構わず自分の思いを叫びすぎである。いや、この作品はそれが見所なんですけど、そういったシーンに時間を割きすぎて、肝心の試合がかなり疎かになっている印象が。
確かに元々のドラマも野球そのものより、野球をするまでのやり取りが主でしたし、試合をそのままやっても、野球のルールを知らない観客にはつまらないかも、という配慮があったのかもしれません。
でも折角の「甲子園」なんだから、あんまりご都合主義が過ぎて見え見えな試合運びではなく、もう少しひねって欲しかったなあ、と思います。
個人的に野球観戦が好きというか野球を題材にした話が好きなもので、その点が残念な次第です。

そんなわけで、ドラマは毎週楽しみに見ていた私ですが、映画の単体としての出来は今ひとつかなと思いました。
ドラマを見てから、ドラマの最終回2時間スペシャルくらいのテンションで見るのがちょうどいいと思います。

ルキズ




ドラマ自体もとても萌える面白いのでおすすめ。

野球をやるまではしばらくみんなで殴ったり煙草吸ったりと激しいですが、川藤先生の熱血語りっぷりがいいです。最初反発していた生徒達が、映画のように先生大好きになっていく姿は萌えます。



よろしければランキングクリックして下さい。m(__)m
fc2ブログランキング  ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

Comments

No Subject
葛城さん、こんばんわです。
蛍さんの所から伺いました。
自分は青春映画の邦画嫌いなので、逆に腐の目線での評論は嬉しかったです(>_<)。

先輩に反発しながらも徐々に好きになっていくというBL展開≫この評論読ませていただいたのですが、何人かロッカー室で行為に及んでいる設定な気がしてきました。
 
はじめまして^^
>茶栗鼠様

このような辺境地にお越し下さりありがとうございます!^^

>何人かロッカー室で行為に及んでいる設定な気が
というコメントを拝読した瞬間から、私もそのような設定だった気がしてきました。
そしてまるで元の映画で見たかのようにリアルに脳内に再現されてしまいました。重症です。

コメントありがとうございました!
 

Leave a Comment


カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。