腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナザー・カントリー


Category: 映画 耽美   Tags: ---

〔同性愛/全寮制男子校〕

■主な登場人物
ガイ・ベネット…エリートで超プレイボーイ(勿論、対男ですが…笑)
ジェームズ・ハーコート…そんなガイが本気で一目惚れ
トミー・ジャッド…ガイの親友のクール眼鏡様。


私、この作品、二次元好きの腐女子が初めてBLテイストな映画を観たい!と思ったときの入門作品として良いんじゃないかなあと思います。
これからBLっぽい映画を観てみたい、三次元に足を踏み入れてみたい!という方に、

私は真剣にこれを推薦します。

なぜならばこの作品、所謂『ホンモノ』というよりは、耽美系少女漫画の同性愛的雰囲気なのです。
恐らく腐女子には「ホンモノは駄目…;」という方も多いと思いますが(ていうか何だろうとバリバリいける自分ですみませんorz)、
この作品は、「絶対乙女の為に作られているだろこれ…!」と思いたくなるくらいに乙女のツボをつきまくり。

ギ ム ナ ジ ウ ム・・・

…それは一昔前の少女漫画好きなら聞いただけで胸がときめくシチュエーション…!(キラキラ)
ああ、男子寮って楽しいなあ楽しいなあ。こんばんは。(えっ、今までのは前振りだったの;?)

改めましてこんばんは。(笑顔)
普通に少年達が戯れてたり、青年達が戯れていたり、軍服着ていたり、青春していたり、若さをぶつけて政治討論したり、時々危うい関係になっていたり…、
そういうのを見るだけで目の保養になるとお感じになる全国の腐女子の皆様。
「二次創作も少女漫画もBLも良いけど、ちょっと三次元にも足を踏み入れてみたい…BLっぽい映画とかって無いのかしら?」とお悩みの貴女。

是非ともこれ一度ご覧になって下さい、

萌えますから。(断言)

脇役も含めて登場人物が美形揃いで、その辺が益々少女漫画です。
(少女漫画って、脇役も通行人も皆美形じゃないですか。あんな感じなんです。本当)
当時の政治情勢に絡めた学生らしい政治討論、寮長になるための駆け引きなども萌えどころ。

これ元々戯曲作品らしいですが、舞台で観てみたいです。
日本でやるならぜひスタジオライフで(笑)

以下、ネタバレありで語ります。

★萌え語り

まず一番の萌えどころは、
夜のボートに二人で寄り添い座るシーン。
anakan.gif
その幻想的な雰囲気はまるで少女漫画の様な耽美具合。
ていうか今時少女漫画だってこんなにろまんてっくなシーン無いって!な感じで、文句無しに萌えます。
是非ともテレビに齧り付いて観て下さい。
私?
私は巻き戻して観ましたよ。(笑顔)

個人的に好きなのは、
序盤、礼拝式(?)で、ジェームズ・ハーコートに一目惚れした主人公ガイがすれ違いざまジェームズの手に滑り込ませる手紙、

「ハーコート君、一緒に食事してくれ給え」

ノックアウツっ…!
これはまた翻訳も良いと思います。
普通に「食事しませんか」とか「して欲しい」とかじゃなくて、
「してくれ給え」…してくれ給えですよ?!!(落ち着け)
もう皆様是非これにまず萌えてくれ給え…!

そして迎えた初デート(食事)は初デートで、
ちょっと小走りで来るジェームズ、来るかどうか横道をじっと見てて来るのに気付いた癖に、ジェームズが入って来る時には違うことをしてさも今気付いたように振舞うガイ、こっそり門登って時間ずらして寮に帰還、
とまさに、
うおお初デートってこんなんか!初々しいよ!私こんな青春送ってみたかったよ!(←?)

ともう寸分の隙もなく私達を萌えさせて下さいます。(ゼイハァ)

あと、個人的に私は、ガイの眼鏡の友人が大好きです。
眼鏡は大事なので太字にしました。
ガイが夜中に来てうるさそうな顔しながら、恋愛の危険を忠告したりとか。
いいポジションです。最後まで美味しいところ取りな感じがします。

全体的にキスもいかない純愛ぶりです。例えば窓から下にいるジェームズを見つめながらガイが言った一言、

彼の喉元の凹み 蜜を注ぎ込んでなめたい

ああ…言 っ ち ゃ っ た … !
って感じですが…(笑)。

でも全体としては爽やかですよ(フォロー)

しかし、出てくる人出てくる人皆同じ年頃の美形ばかりだったので、私のような顔を見分けるのが苦手な人には人物把握が困難でした…
服も学生なので同じ服を着ていますし。
あとは、これ、一応ガイが過去を振り返る形で進んでいく形なのに、色々とオイシイところが詰め込まれすぎて、肝心のその辺が曖昧なのかなという気がします。
というより、萌えすぎて、萌え場面以外はどうだったかよく覚えてません。

とにもかくにも、我々の目指す萌えの前では大事の前の小事であると、ここに確信を持って宣言出来る次第あります提督。(って誰ですか)


↓宜しければランキングクリックしてやって下さい。
励みになりますm(__)m
fc2ブログランキング  ブログランキング
スポンサーサイト


Comments

はじめまして!
はじめまして。maigoと申します。
隠れ腐女子コミュから飛んでまいりました。
いや~、記事がなんとも面白くって、この映画は見たことが無いのに、
思わずニヤニヤと怪しい顔をしてしまいました(笑
勉強になります!w
3次元への入門編として、この作品を是非ともレンタルしてきたくなりましたw
他の記事も少しづつじっくり読ませていただこうかと思います・・・vv
それでは突然のコメ失礼いたしました。またお邪魔させていただきますー^^
 

(ずうずうしくもこちらにまでコメントm(_"_)m )
「アナ・カン」はその昔映画館で上映された時に(たしかJUNEの巻頭カラーで紹介されていた)これまた1人で(寂しい)観にいきましたが、たった1度きりなのでストーリーの記憶がまるで無い!(^◇^ ;)
こちらの記事を読んでこの映画観たことを 思い出しました。近々レンタルで借りてこようと思います♪
どうも、お邪魔しました(〃∇〃)
 

コメント有難う御座います!
私も、一度昔に観た時は結構忘れていたのですが、
この度友人に勧める際に友人と一緒に観まして、
改めて観てみると…見どころ満載ですよね(笑)。
是非、レンタル等でもう一度ご覧になって下さいvv
 
こんにちは!
maigo様
お返事が遅れまして申し訳ありません;;
拙宅の如く辺境地に訪問&コメントありがとうございます!
アナカンは3次元への入門編として最高に萌える映画かと思いますので、
是非ご覧になって、3次元の世界を堪能してみて下さいv
暴走と妄想を中心とした駄目駄目なブログではございますが、
お暇な時にでもまたいらしてやって下さいm(__)m
 

Leave a Comment


カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。