腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MW(手塚治虫)


Category: その他 漫画   Tags: ---


映画化すると聞いて。
手塚治虫渾身の萌え漫画…もといピカレスク漫画です。
主人公二人(※二人とも男)のベッドシーンが多すぎるんだぜ\(^o^)/


[ストーリー]
昔、ある島で、駐留軍から秘密化学兵器「MW(ムウ)」が漏れ、島民が全滅する事故があった。政府は隠蔽。
偶然生き残った賀来と結城は、不良グループの一員だった賀来は神父に、少年だった結城は地獄図を見たトラウマとガスに冒されたことによって、凶悪な犯罪者となった。
結城はMW事件の当事者への復讐のため、次々と犯罪を重ねていく。



手塚が「従来のイメージを覆して」描いた(※本人談)ピカレスク(悪漢)が主人公の物語です。
イメージ的にはデスノに似てるかも?
この作品、wiki先生曰く「子供の目に晒せない手塚作品」とあるんですが、確かに「手塚漫画=子どもの教育にも良さそう」みたいなイメージありますよね…(^_^;)
因みに私は部屋に置いといたら、親が「あら!手塚治虫!私も読みたい!^^」と言ってきたので適当に「まだ読んでないからダメ~」と濁しました…隠れ腐女子として…つい(笑)。
いや、しかし、サスペンス漫画として普通に面白いです。
ガス兵器の問題についても描かれているし、最後までハラハラしました。


…まあ
どうせ真面目な感想はこのブログには求められていないと思うのでこの辺にして。
早速追記で萌え語り!HEY!
この手のサスペンスはストーリーが命ということで、物語本編には余り触れません。




冒頭にも書いたけどベッドシーン多すぎ\(^o^)/
手塚治虫は少年漫画(アトム等)、青年漫画(ブラックジャック等)、少女漫画(リボンの騎士)など、さまざまなジャンルの漫画を描いた漫画の神様として知られますが、よもやBL漫画まで描いてらっしゃるとは思いませんでしたありがとうございます!と言いたくなるくらい、すごく…男同士の恋愛物語です…。


[まず萌えるための基礎知識]

賀来→堅物攻め
結城→美人襲い受け


※比喩ではありません

結城は歌舞伎女形の家系で女装したりもする美人。
因みに普段は眼鏡もかけます。(※重要)

二人の関係のきっかけはその島で、不良青年だった賀来が美少年の結城を無理矢理アッーしたことなのですが、それ以来二人は腐れ縁?な模様。
事件後、神父として真面目に生きる賀来に、犯罪を犯すたびに賀来の教会で告白する結城。
しかし結城に襲い受けられると何だかんだ言ってる癖に全く拒めない賀来。
結城は本当にあらゆる犯罪を犯しており、神父である賀来はそれを何度も怒るのですが、

賀来が怒る→のらりくらりと交わしつつ結城が賀来を押し倒す→賀来「お前なあ!」→よいではないかよいではないか→(中略)→二人ともベッドにいる

という流れを作中で何度見たことか。
正直、全く説得力がありません。
賀来が怒るシーンはもはやふたりのベッドシーンへの前振りみたいなものです。
「厭よ厭よも」というやつですね分かります。


個人的に印象に残っているのは手塚治虫の演出手法。
↓は致した後のピロートークシーンなのですが、抽象的な演出で独特の雰囲気を出してふたりの関係性を表していると思います。すごく…イイ!
MW_20120526225210.jpg


二人のこの辺の関係やダークすぎる部分は映画ではカットされること請け合いですが、それを差し引いても映画にしたら面白そうだなと思います。
しかし公式見たら、何故か二人の下の名前だけ変えていて謎。
賀来は原作と年齢や外見を変えてるので(原作:ごついおっさん→映画:山田)まだ分からなくはないですが、
結城の「美知夫→美智雄」という変更にはいったい何の意味が…?
玉木の結城は原作のイメージぴったりだな~



↓宜しければランキングクリックしてやって下さい。
励みになりますm(__)m
e_03.gif
スポンサーサイト


Comments

No Subject
こんにちはー。
これ映画化されるんですねー?
あらすじを思い出せないけど、妖艶(確か…)な男の役を玉木さんが演じるんですかー。
それはかなり楽しみかもー(^-^)。
 
No Subject
こんにちは^^
はい、映画化されるんですよ~!
私も、妖艶な男を演じる玉木さん、合いそうだから楽しみです(笑)
 
はじめまして♪
MWを検索していてこちらへたどり着きました梅香と申します。
映画館でこの映画の予告編を見て、主人公2人の関係に何かを感じ取ってしまいました。
原作も知らないのに(^_^;
BLセンサーの感度はなかなか良好です(笑)
ただ「結城×賀来」で萌えてたのですが、原作は設定もちがって、逆なんですね。
早速明日の会議中、名前を入れ替えてあれこれ妄想してみます(笑)
その前に原作も読まないとですね(^_^;

また遊びにまいります♪
どうぞ宜しくお願い致します。
 
こんにちは^^
>梅香様
こんにちは。コメントありがとうございます。
BLセンサーの感度、素晴らしいです(笑)。
言われてみれば確かに、映画のキャストで考えると「結城×賀来」って感じですよね。
ここはひとつ、1作品で2度萌えられる楽しめる作品ということで…。
ぜひ、お仕事のお邪魔にならない程度に妄想してみて下さい(笑)。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪
 

Leave a Comment


カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。