腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブレードランナー』


Category: 映画 SF   Tags: ---

フォルダを整理していたら、かなり前に書いた感想が発掘されたのでほんの少しだけレビュー。
SF映画の中でも名作と言われている一品です。

原作(↓)のタイトルは特にあちこちでパロディされているので、タイトルだけ知っている方も多いでしょう。

(それにしても何故映画はこのタイトルにしなかったんでしょう。このタイトルの方が一万倍くらいかっこいいのに…。)

映画としての面白さは、新参者の私が語るより、多くのレビューや解釈が出ているのでそちらをご覧下さい。
この映画の影響を受けたとも言われる攻殻などと同様に、「人間とサイボーグや人造人間の違いは何か」のようなテーマも扱っており、解釈の多い作品です。



スポンサーサイト
テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

「カイルXY」が気になる


Category: その他 海外ドラマ   Tags: ---
最近、NHKで始まった海外ドラマ「カイルXY」(↓)を見てます。

まだ3話までしかやっていないので今後どうなるかは分かりませんが、今のところ毎週面白いです。

簡単なあらすじ↓
森で目覚め、保護された少年は何も覚えていなかった。
トレガー一家に引き取られ、カイルと名付けられた彼は、驚異的な知能と身体能力を持っていた。
その一方で、自らが何者であるか、そのアイデンティティに悩む。


まだ3話までなので彼が何者なのかまったく謎状態なのですが、
個人的に面白いなと思うのは基本的にカイルの視点で物語が進むこと。
最初は言葉も喋れず、食事排泄睡眠など人間の基本的なことのやり方も知らなかった赤ん坊状態のカイルが、
徐々に成長し、また人間世界の疑問(時間とは?など)をぶつける姿がいい。
何よりカイルくんがとても可愛くてときめきます。↓目が可愛い。
カイルXY
あと初っ端(森で目覚めたとき)から真っ裸なのですごく…大変です。
かっこいいビジュアルなのに幼児のような言動があるのでそのギャップも見どころ。
DVDもレンタルされているようなので、1話からきちんと見たいという方はレンタルで見ても良いと思います。
放送は毎週土曜日23時からNHK教育でやってますので、ぜひ。



今週は相棒ですね!
亀山君卒業以来ややテンションが下がっている相棒なのですが、今回、レビューの代わりに試しにtwitterで実況予定です。
やっとまともに(?)ついったを使うので楽しみ。
よろしくお願いします~。
テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

「ドキッ☆男だらけの大奥」は予想以上に腐女子を狙い撃ちしている悪寒


Category: blog ニュース   Tags: ---
二宮和也、佐々木蔵之介の理想の男性像は「玉木宏」
見られない方のために引用→
理想の男性像を聞く質問に、蔵之介さんが「玉木さん。映画の中ではあそこまでですが、俺の中ではまだ終わっていない気がする」。玉木さんも「蔵之介さん。(ラブシーンの)続きがやれたらいいですね」と見つめ合う始末。二宮さんも「玉木さんですね、男から見て美しいなって人って生きていてそういないんですけど。正直、蔵さんと一緒に寝ているシーンでは、蔵さんが卑猥にしか見えなかった」。満場の女性ファンの笑いを誘った。

またそういうニュースか\(^o^)/
実際その場にいたわけではないので分かりませんが、他にも色々コメントあっただろうにわざわざこういう風に抜き出さなくても良いんじゃないかな(笑)

それにしても、映画をまだ観ていないので分かりませんが、男同士のラブシーン、この作品でやる必要はあったのでしょうか。
「MW」や同じよしながさんの「アンティーク」は盛大にカットされていたけれど、あの2作品はその設定がストーリー上重要だったのに比べ、「大奥」はそれほど必要もないように思うのですが。

ちなみに原作は普通に面白いのでお勧めです。
トンデモ設定ではありますが、話自体は「もし江戸時代に若い男にしか流行らない疫病が発生したら」といういわゆる「歴史ifもの」に近いと思います。
大奥が男だらけじゃ意味ないとか、鎖国の意味とか、そういったところを上手く辻褄合わせしているやり方も面白いです。

テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

アニソンって、聴くだけでテンション上がりませんか。


Category: その他 音楽CD   Tags: ---
もう10月とか月日の流れが信じられない感じですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
私は今週末のスパークに着ていく服がなくて困っております。


さて少し前に、海外のアーティストによるアニソンカバーのCDが発売されまして、
元々クレモンティーヌが好きなので試しに聴いてみたらついアニソンカバーにはまってしまい、色々あさってみました。
どれもよかったので、せっかくなので少しだけレビュー。

『20世紀少年 最終章』~ラスト10分で萌えた腐女子は私だけではないはずだ


Category: 映画 SF   Tags: ---
『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』


ラスト10分でやられたのは私だけではないはずだ。

そんなわけで今更ながらレビュー。
まずはあらすじと全体の感想を普通にちょろっと。

<おおざっぱなあらすじ>
コンビニを営む平凡な男・ケンヂは、あるとき、子どもの頃に仲間と作った「悪の組織が地球滅亡を企む」といった内容の「よげんの書」通りに世界中で事件が起きていることに気がつく。
そしてその背景に「ともだち」と呼ばれる謎の人物がいることを知る。
ケンヂは当時の仲間と共に、その正体をつきとめようとするが…。


<全体の感想>
私は元々原作を知っていたのですが、原作からそのまま抜け出たような登場人物たちには感動しました。
ちょい役にも有名人が多々出て来たり、金かかってるな、という印象。
その一方で、長編大作をうまくまとめきれてない感は否めません。
第1部はまだよかったものの、2,3は説明不足だったりやっつけ仕事だったり微妙な部分もちらほら。特に3。
ラストを変えたこと自体は悪くないですけれど。
そんなこんなで「3は一番微妙だな…」と思いながらエンディングテーマを聞きながらぼーっとしていたそのとき、
そこには腐女子を陥れる罠が仕掛けられていたのであった…(あらすじ)


さて
以下からが本編です。

追記から妄想感想書きます。
内容はラスト10分についてだけですけど。
比較的大きなネタばれを含みますので注意。
あと原作とはラストが違うこともあり、原作はまるっとスルーします。

ちなみに原作(↓)自体は死ぬほど面白いので(ラストに賛否両論ありますが)、全力でお勧めします。
映画未見の人はもちろん、ラストが違うのと映画はだいぶ端折っているのとで、映画見た人でも楽しめるはず。

テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック
カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。