腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒8「フェンスの町で」


Category: その他 「相棒」   Tags: ---
あれ…今週も割とBL的展開でしたよね…?


~あらすじ~
両親の離婚をきっかけに苛められる土本。
同じ時期、似たような理由を持った村越と仲良くなる。
村越は表では土本を積極的に苛めるように見せていたが、実際は急所を外した暴力で庇っていた。
そして二人は、自分たちの親を奪った米軍基地に復讐を決意するのであった。

「俺、友達、村越しかいないから…」


みたいな?(間違ってないところが怖い)
事件も、実行さえしていなければ中二病的二人だけの世界なノリ。
そんな訳で今週は、土本と村越が無駄にイケメンだった為に、中学生の純愛ストーリーみたいな甘酸っぱい気持ちで視聴しておりました。
ラストなんて「見つめ合うとー素直にーおしゃべりー出来なーいー」なんて脳内で流れていました。
やはり腐女子、狙われておる。


話としては、てっきりもっと基地関係の問題掘り下げるかと思ってたんですが、そうでもなかったですね。
今色々問題になってるしタイムリーだと思ったんですが。
強盗は面白かったけど、「爆弾と縁のなさそうな人がインターネットで調べて爆弾作成」というテーマがつい最近のミスグリーンと被るのが残念。


そういえば今度テレ朝で寺脇さん主演の刑事ドラマが始まるとか。
どうつっこめばいいやら…^^


オフ事やら締切やらが大変なので、12月の第二週くらいまで落ちます。
ここのところ相棒のレビューばかりでここが何ブログか危うい感じなので(笑)、帰って来たら映画の感想3本くらい上げたいと思ってます。
fc2ブログランキング  ブログランキング
(手お返事用に設置した書き込み場がどうもうまく表示されていないようなので、暫定的に専用ページを作りました。左のカテゴリから飛べますのでどうぞ。)
スポンサーサイト
テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

相棒8「背信の徒花」


Category: その他 「相棒」   Tags: ---
「三島と片倉の過去kwsk!」とか思った奴、前へ出ろ、前だ!




…はいすみません私です。(挙手)
内容云々以前に「若い頃は高い理想を語ってたのに現在は対立する二人」といったシチュは萌えシチュの典型じゃないですか?
まさに三島=主人公、片倉=元親友・現対立相手という、リーマン系BLか、ありがちの青年漫画か、という感じの設定で良いですね。
もうちょっと掘り下げてくれれば萌えた…もとい面白かったのに。

ところでラスト、片倉の後ろにいた中途半端に存在感のある眼鏡の部下※眼鏡は重要)、あれ何の意味でいたの?
流れ的に意味がなかった気がするんですが。
官僚は部下連れて歩くのが決まりなの?
よもや彼こそが三島が死んだ後片倉の傷心を癒すポジションなんじゃ
とにかく彼は、後でこっそり三島の植えた樹見に行くんですよね?それでちょっとセンチメンタルになったりするんですよね?分かります。


話自体は、全体的には面白かったのに、動機で「えー」て思ったのは私だけですか?
立ち退きなどの事情をよく知らないんですが、リスクが大きすぎるんじゃ…。(しかも福祉施設は何かと大変そうだし)
まあだからこそ後には引けず殺したのかもしれないですが。

そういえば亀ちゃんがいないと課長の飲むコーヒーがないんですね~。
今まであまり亀ちゃんのいない穴というのを触れなかった相棒ですが、ここにきて…!ぶわっ…(泣)


どうでもいいけど片倉って言われるとゴボウの人しか浮かびません。

fc2ブログランキング  ブログランキング
テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

相棒3「異形の寺」


Category: その他 「相棒」   Tags: ---
忙しすぎてあまり更新できないのに毎日カウンターが回っていて申し訳ない…(´`)
この前、たまたま録画した物を見つけて見直したので相棒レビュー。
この回はトリックが主の話じゃないけど、そこそこ重要なネタばれなので以下、注意。


「異形の寺」
相棒の凄いところは、ゴールデンタイムにやる主なターゲットは50代というドラマにも関わらず、オネエ系のヒロコママが準レギュラーだったり、伝説の名台詞「男を愛した罪ですか…」を準レギュラーに言わせてしまったりすることだと思います。
女性同性愛者の話もありました。ヤンデレやストーカーも多々。
そうかと思えば便器に挟まって死んだり、あんなもの(反転→凍ったイカ)が凶器になっちゃったり。そのギャップが好きw
そんな訳で。この回はトランスジェンダー絡みのお話でした。
金八でも上戸ちゃんがやってましたが、この回は短い一話の中でも切実さが伝わる良い作品だったと思います。

[萌えどころ]
いいおっさんが皆で幽霊について考えている姿は可愛かったです。
死体の幽霊を見たという亀ちゃんに「嫉妬を覚えます」とか言う右京さん。
幽霊が見たいのに霊感ゼロなんて、ある意味右京さんらしいというか…萌えた。
見たいがために、留学先で幽霊スポットにも行ったとか…。
そんな右京さんの横で笑顔で「私は見ましたから♪」というたまきさんが好き(笑)。
それと、冒頭辺りで瀬戸内さんと官房長が二人で幽霊の話をする姿も可愛かったです。

そういえば、結局亀ちゃんの見た幽霊の真相は、藪の中…


fc2ブログランキング  ブログランキング
テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

相棒8『錯覚の殺人』感想


Category: その他 「相棒」   Tags: ---
今週は何か…
腐女子狙い?
と思わせるような回でしたね(笑)。

まず捜一のおふたり。
「弱みが握れるかもしれないだろ」とか言いながら、せりーを後ろからそっと抱き締めるいたみん…
後ろから首絞めるとかはよくやってるけど、それが無駄に長い上に優しいやり方なのが…何か…
見ていてこっちまで恥ずかしくなったんですけど…^q^
あと彼、二人の捜査に混ざった割に活躍してない(爆)

続いて相棒ペア。
演技で、にこっ、と笑いながら神戸の両肩に手を置いた右京さん。
いつも神戸にツンツンツンなだけに、演技とはいえあのギャップ可愛かったです。
それとランチ誘って速攻で振られる神戸(笑)
そういえば、亀山君とは物語のラストで「このあと一緒にご飯でも」みたいな展開が頻繁にあったことを考えると「右京さんにご飯を誘われた」ときが、神戸は仲良しになれたときなのかもしれません。

あと右京さんが違う道行こうとして、神戸君に
「そっち違いますよ!」
と言われた時、中の人wwwwwwと思ったのは私だけですか。(※中の人は方向音痴)


作品としては、今回は個人的にはうーんイマイチという印象です。
私、頭が良い犯人との頭脳対決って大好物なんですが、それを散々アピールされていた割には、彼がやったことが服の色の錯覚トリック(一応ネタばれ反転)くらいで。
ただでさえ我々は右京さんという頭の良い人を見慣れているわけですし…(´`)
元々あらかじめ犯人が分かっているタイプは犯人探しの面白さがない分、トリックの難しさや人情劇、あるいは、古畑がよくやるような、自白させる為に罠を張って対決、など、何かに一捻り欲しかったかなと。
筋自体に大きな穴こそなかったものの、少し物足りない印象でした。

ところでラストの神戸君は…乙女?
あれはつまり
「私…彼のこと分からなくなっちゃった…でも…気になる…」
という少女漫画的展開と理解してよろしいですか?(真顔)



fc2ブログランキング  ブログランキング

テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

岡田屋鉄蔵『タンゴの男』


Category: BL BL漫画   Tags: ---
周りがこぞって「JIN」面白いよ!というので、最近合間を見つけてはちまちま見始めたんですが、本当に面白いですね。おまけに萌えるという…^^
あと主役のお二人が、いわゆる流行りのイケメンキラッ★って感じじゃないところがとても落ち着くし好みです。笑


ここでひとつBLレビューでも。
「タンゴの男」

表紙買いしたものなのですが、それを裏切らない作品でした。

表紙見た瞬間「どっちが受けだか全く分からんwww」と思ったんですが(笑)、実際リバっぽい話でした。
髭の方(アンジー)はゲイなんですが、元彼や行きずりで攻め受け両方やってるのを序盤から見せられて、あーもうこれはどっちでもいいんだなあ、と…笑。
そして彼の色気にどぎまぎして顔真っ赤にするヒロ(表紙右側)が可愛いです。
(どうでもいいけどこの表紙見た時に「マイケル…?」と思ったのは私だけですか…(爆))
最初は酔った勢いでアンジーが襲い受けますが、ポジション的にはヒロが受けなんだと思われます。

ヒロの方はノンケで彼女と致すシーンも少しだけ出てくるので、苦手な方は要注意。
その彼女なんですが、これがまたにくい。
彼女は本編では所謂BLの嫌な女ポジションで、ヒロは浮気されて別れるんですが、最後の書き下ろしでは彼女の話が描かれていて、そこを読むと彼女が好きになってしまいました…(笑)。
アンジーのタンゴの相方ベネも素敵なお姉様で、二人が踊る姿はかっこいいです。
脇役の女性がちゃんと描かれているBLは他の人物描写も丁寧なことが多くて、個人的には好きなんですよね。

両方筋肉がっつり、えろ描写もがっつり&リバ風味なので好みは分かれそうなのですが、絵柄やむきむきやガチっぽい雰囲気にに抵抗がなければ、ぜひお勧めしたい作品です。
全体として洋画みたいな雰囲気だなあと思っていたら、ご本人がサイトで、この扉絵の元ネタはアルモドバル監督映画~など仰っていてなるほどーと思いました。
タンゴのラテンっぽい雰囲気といい、確かにスペイン映画っぽい。
折角なので、アルモドバル映画と言えば腐女子的に一押しの、同性愛を描いた「バッド・エデュケーション」をPR^▽^(いずれレビューも書く予定ですが…^^;)

これも萌えるよ!(にこにこ)
スペイン映画の色気は良い。


因みに、ご本人のサイトで続編漫画も少しアップされています。
こちらも素敵なので、併せてぜひ。
fc2ブログランキング  ブログランキング
テーマ : ボーイズラブ    ジャンル : アニメ・コミック

中村明日美子『同級生』


Category: BL BL漫画   Tags: ---
最近、みっちー効果で相棒にはまった腐女子も増えているみたいですね。
相棒ファンの腐女子としては、同志が増えること自体は嬉しいんですが、元の特命係に惚れこんでいたせいもあって、少しだけ寂しい気持ちもあったり。
何だかんだで亀山君の卒業が尾を引いているようです。
まあ、新しく好きになった方はぜひシーズン1から見て、どっちの相棒も好きになって頂けたなら幸い!
それはさておき久々BLレビュー。



明日美子さんは耽美物を描かれるイメージがありましたが、この話は現代の高校生物。
しかも眼鏡の優等生とバンドやってる現代っ子という王道の組み合わせです。
話も、特に耽美な話ということもなく割と爽やかなので読みやすいと思います。
でもそこに、独特で綺麗というか、きゃぴっとしていない雰囲気があって私は好きです。
思春期のふわふわ揺れている感じが出ていることと、1冊丸々使ってキスまでしかいかないような丁寧な描かれ方なのが良い。
特に眼鏡の優等生が、乱歩の小説の挿絵にでも出て来そうな美人さんでときめく。
この方の独特の絵柄(個人的にはこの、線が綺麗だったり睫毛がばさばさだったりが激好みなんですが)は好き嫌いが分かれるかもですが、絵柄見て「イイ!」と思った人なら中身もきっと気に入るのではないかと思います。
お勧めです。


あとすみません、暫く更新縮小します…
相棒の感想とかくらいは書きに来るかもしれませんが、12月までは放置気味で置きたいと思います…恐れ入ります。
fc2ブログランキング  ブログランキング
テーマ : ボーイズラブ    ジャンル : アニメ・コミック
カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。