腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密(木原音瀬)


Category: BL BL小説   Tags: ---

この作品、内容が内容だけに、ネタバレ抜きで感想書くのは不可能な気が致します。
BLなのに(笑)!
そんな訳で、以下、ネタバレありですが、つらつらと感想書かせて下さい。
肝の部分は一応反転してます。


スポンサーサイト

名物授業のお話。


Category: blog ある隠れ腐女子の日常   Tags: ---
今BSでトニイ賞の授賞式をやっていて、録画して後で見るんですがすごい楽しみです!
そろそろ芝居特集も組みたいなあ…。

閑話休題。
某超有名漫画評論家様が特別講師をやってらっしゃる授業をとっております。
少女漫画をジェンダー論を絡めて読む授業なので、毎週自分にとっての幸せタイムです。
前回のテーマはついに待ちに待った(?)、少年愛からやおいへの流れの話でした。
まさかホワイトボードに「攻め×受け」とか書かれる日が来ようとは・・・。(どきどき)(最早平静ではいられない)
しかも先生、やおい文化が発展した作品としてキャプ翼を挙げるのは分かるけれど、
ケン×コジの話をした挙句、
彼等の特徴的シーンを取り上げて(スクリーンに映して)、
「このように、
確かに彼等の間には只ならぬものがあるのではないかと妄想するだけのことはあるわけですよ!!!」
とすごい元気に熱弁。
ちょ、先生、落ち着いて!!!(笑)
あれ、このノリどっかで見たような、
お仲間さんが自分の萌えを語ってるときみたいなそんな・・・(笑)。
そんな先生が大 好 き だ !(ブログの中心で愛を叫ぶ)
助けて下さい!助けて下さい!(サク)
もう噴き出しそうになるのを必死で抑え、

結局噴き出しました。(駄目じゃん)

(だって先生、パタリロのベッドシーンモロに音読するしさ・・・笑。)

でも、JUNEが創刊された際、編集長や竹宮さんは、同性愛を押し出すというよりも「人間の二面性」を表現したかったという話は知らなかったので興味深かったです。
確かに、当時のJUNE系の作品は、人間の本質的な部分での葛藤だとか、緊張感だとかが多かったように思います。
だからこそ耽美な雰囲気なわけで・・・。
どうでもいいけどJUNEの表紙で軍服の青年が一人で立ってる竹宮さんの絵が映し出されたとき、
自分が隠れ腐女子なのも忘れてすごい見惚れてしまいました・・・。
本当に、竹宮さんの描く男の人って何であんなに色気があるのだろう。

そんな訳で、次回の授業もまた、隠れながらも前の方で必死に笑い(ていうかにやけか?にやけなのか俺?)を堪えていると思います。(・・・)
少年愛がテーマになった今回、いつも以上にレジュメに書かれた漫画をほぼ全て知っている自分が居ます。(痛い)
色々考察しどころも多く、魅力溢れる授業です。
いつかその辺の考察を自分なりに纏めて消化したら、アップしたいなあ。
先生の書籍も全部消化しよう・・・。

風が強く吹いている(三浦しをん)


Category: その他 小説   Tags: ---


私、駅伝をまともに通して見たことがありません。
正月、つけっ放しのテレビのチャンネルは大抵箱根駅伝になっているものの、ちらちらとしか見ないので余り記憶にないという…。
白状しますと私箱根駅伝が10人で行われることすらよく知りませんでした。(死)
そんな訳で、「第○区はどういう区間で」とか言われてもさっぱりです。

でも、この本を読んで、来年の箱根駅伝は是非とも見ようと思いました。
ここを彼等が走ったのね!と思うだけで死ぬほど萌えられる気がします。
正月だから周りに親とか兄弟とか親戚とかいると思いますので、にやけないように頑張ろうと思います。

[ストーリー]
大学に近い激安ボロアパート・竹青荘に10人目の入居者・走(かける)が入った。
それをきっかけに、全員で箱根駅伝を目指すことに…。



簡単に言うとこんな感じです。
大学生青春物語です。
ノリとしては某シンクロボーイズみたいな・・・?
「これ映画になったら面白いだろうなー」と思いました。
是非とも映画化して欲しい…!
そしたらキャストは誰になるんだろう…!とか妄想が止まりません。

「明日に向かって撃て!」


Category: 映画 西部劇   Tags: ---


この作品、原題は「Butch Cassidy and the Sundance Kid」(主人公二人の名前)なんだそうです。
邦題の秀逸なことと言ったら!
昔の映画の邦題って、秀逸なものが多いと思います。
この邦題の秀逸なことと言ったら!(再)
全て安易なオール片仮名邦題にしてしまう最近の映画界も少しは見習ってくれればいいと思う…。
(最近はカタカナのタイトルの方が売れるかららしいけど)

そんな訳で、往年の名作です。
ラストがとても良くて、その後、真似をするものが多発したらしいです。
それも納得。今から見ると割とよくあると思うかもしれないですが、こういうラストの表現はこの映画が初めてだったのかも。

以下、追記で。


姫くずし(竹宮惠子)


Category: その他 漫画   Tags: ---


竹宮惠子さんといえば初期少年愛の金字塔的名作『風と木の詩』ですが、超名作ではあれど、長い・重い・痛いの三拍子が揃っているため(苦笑)、なかなか「面白いよv読んでv」と気楽に人(同志であっても)に勧められないんですよね…。
最近はアニメ化されたから『地球へ…』も話題ですが。
あ、『ファラオの墓』とかも面白いです。
ていうか要するにどれも面白いです(結論)。
でも割と重めなのが多いんですよね。
(でもどれも名作なので、気合いのある時に是非どうぞ・・・!)

なのですが、この作品はそんなに重くないので、竹宮さん初心者に勧めやすい気がしました。
1冊なので買い易いし、1話完結で進む、現代が舞台の物語なので、さらりと電車の中で読めて(←ここ重要・笑)、面白かったです。
竹宮先生のお得意の(?)、凄まじい色気を放つ魔性の美少年も健在。
この方の描く魔性の美少年の色気は本当に何なんでしょう。
えろいよ。
えろすぎるよ。
あ、さっき言ったの撤回します。
私、一部、色気にやられて、電車の中で一瞬閉じてしまいました。

主人公はそんな色気オーラたっぷりの美少年「姫」こと姫川基。
彼が学校ではっちゃける姿は割と普通の少年ぽいんですが、物語も毎回変化に富んでいて面白いです。
私が思わず電車の中で閉じた、やたらにえろいオーラが漂う回は、ジュネに載った回らしい(笑)。
でもあとは割と普通の少女漫画路線です。(一応主張)
姫に恋する女の子も多々出てくるし。
でもやっぱり、兵藤刑事、吉田といった、姫に惹きつけられて振り回される真面目青年たちが可愛いです。

個人的に一番好きなのは、「ウィーク・ポイント」かなあ。
吉田が姫と間違えられて誘拐される話です。(姫は大人物の愛人の息子なので)
いつも飄々としている姫が、吉田の為に兵藤刑事と奮闘する姿が微笑ましいです。
あと「新橋の五分間」(ジュネに掲載されたやつ)は、姫の色気がありすぎて本当どうしようかと・・・(どきどき)
これから私、落ち着いて山手線で新橋通れません。

更に、文庫解説を書いているのは西炯子さんです。
そういう意味では一冊で二度お徳(笑)
物語の重厚さは風木ほどではないですが、
是非気楽に竹宮ワールドの美少年に浸ってみて下さい。
もう本当麗しくて・・・(うっとり)



↓宜しければランキングクリックしてやって下さい。
励みになりますm(__)m
e_03.gif

びすこんてー祭りやるって!


Category: blog ある隠れ腐女子の日常   Tags: ---
何これ!
→ttp://www.conversation.co.jp/schedule/visconti/
行 か な き ゃ!(義務なんだ)
でもこの辺忙しい時期じゃね?
観にいけるのか・・・?(泣)
精々観られても1作品くらいな気がするなあ…;;
観たことある好きな作品を劇場初体験するべきか、観たことことない作品を観るべきか悩みどころ・・・。
山猫はつい先日イタリア映画祭で劇場で観たばかりだから一応除外できるとして、それ以外の中から・・・。
(でも山猫のアランは美しすぎだった)
どれがいいと思いますか?(誰に訊いてるの)

全然関係ないですが、私最近になってようやく彼がバイだったって知りました。
(余りプロフィールとか見ない人なので;;)
いや、心の底から納得してしまったけど・・・。(笑)

拙宅私事


Category: blog ある隠れ腐女子の日常   Tags: ---
アクセス解析見てみたら最近すごい勢いで海賊映画二次創作を捜し求めていらっしゃる方が多いですね(笑)。
今公開中ですからね・・・!
なんか、嬉しいな!
海賊映画面白いですよねv(画面の向こうの人に笑顔)(きもいから止めて)
私の周り、一般人も含め海賊映画好きな人皆無なので・・・○l ̄l_
あ、因みに私は雀←林檎が今熱いです(誰も聞いてません)

あれから色々調べてみたけれど、二次創作関係はともかく、
レビューについては何処でも言及されていないので、暫くこのまま放置プレイで行きたいと思います(どっちなの)
パス制にするとアクセス解析が無意味になるのでつまらないですし(そんな理由かよ)
優柔不断な駄目っこ動物なので、
また突如隠れるかもしれませんが、例によってあの単純なクイズだけなので、呆れつつもご理解頂けると幸いです…(すみません…)

近日中にこのブログでやりたいことメモ↓
・個人的に作った同性愛を扱った映画のリストを纏めてアップ
・個人的ブクマを作りたい
・いい加減簡易自己紹介くらい作ろうぜ
・個々の映画に映画としての総合5段階評価星印をつけてみるってのはどうかしら
・ていうかそもそもどんどん感想アップに努めます・・・(観てるものが多すぎて追いつかない罠orz)

やったら消していきます。
あと折角もうすぐJCSが始まるから特集を組みたい…な…(願望)

海賊3行って来ました!


Category: blog レポ   Tags: ---
海賊3観に行ってきました~!!
詳しい感想はこれから観る方々の為に伏せつつ、
少しだけ印象程度の感想をば。
なんか一言で言うと、

へっ??(・・;?)

て感じでした・・・(笑)。
というのも、
1,2の、シリアスもあるけどコメディ要素も多く、
筋や登場人物が分かりやすくて気楽に見られる雰囲気とは打って変わりすぎておりまして。
スケールは大きいし、単体で見れば面白いんだけど、
予想外のシリアスすぎる展開にびっくりしてしまい(笑)。

あと、1,2と比べると一気に風呂敷を広げすぎて全く広い切れていませんでした;;
こんなに広げる必要はあったのだろうか・・・;
勿論、見所も多いし、逆に予想外な展開も多くてはらはらどきどき度は上がったし、
面白くはあったのですが。
あとエリザベスが素敵過ぎて他が霞んでた・・・(笑)!


それと腐女子として忘れてはいけない萌えどころ、個人的には、
ボサ→雀に萌えましたv(*´ー`)(そ こ か よ !)
そういえば奴は猿に雀の名前付けてるんでしたwwふふ!(きもい)
二人のちょこまかしたやり取りや林檎氏の男前っぷりに惚れ・・・!
え、まさかひょっとして裏切ったのもこう、愛憎のアンビバレンス的な?(そんな馬鹿な)
何だかどんどんバルボッサが可愛く見えて仕方ありませんでした・・・。(正気ですか)
あれ、ひょっとして彼、うk…(えええ)

詳しい感想は脳内整理を終えてから致します。
今日のBGMは勿論、R.ストーンズです!!!!(笑)
敬意を表して・・・!(本当素敵でした~!)

今日から6月ですね。


Category: blog ある隠れ腐女子の日常   Tags: ---
あっという間に6月になりましたね。
私はおお振り新巻とアニメ(祝榛名登場)に萌えてみたり、
デスノアニメで狂っ照を見ることを一週間の生き甲斐にしてみたり(えー)、
海賊に再び(何度目だ)転がり落ちてみたり、
そんな5月でした(相変わらずろくな人生送ってませんね!)

ところで、
以前から思っていたのですが、映画という半生な媒介なのにも関わらずブログでこのまま完全放置プレイって、
やっぱりどう考えても拙い気がするんで、
一応パス制にしてみたのですがどうなんでしょうか・・・。
簡単とは言え、パス設定にすると面倒だし余り好きじゃないので、
出来れば嫌なのですが、どうしたものか・・・;
ブログって検索避けどうやるんですか?
普通のサイトと一緒で良いの;?
(あほな初心者ですみません…)
いざとなったらいい加減ホームページに転換しようかなとも考え中。
ていうか、ネットにおける腐女子の検索避けマナー、
ブログは特にやってない人も多いし、
二次創作の場合とも違ってここは基本感想と妄想オンリーなので、
この内容の場合どうしたら良いのかという線引きが分かりません;
手っ取り早くサイトにした方が良いのか・・・;?
差し支えなければ、皆様のご意見とか聞かせて貰えないでしょうか・・・?(どきどき)

カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。