腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」


Category: 映画 アドベンチャー   Tags: ---

待ちに待った海賊の3作目の公開が始まりましたね!!!
実のところ私はまだ予定がつかずに観に行けていないのですが、楽しみです!
と、復習がてらに2作目を観始めたら1作目も復習したくなって結局両方観てしまいました…。
確か、2作目が公開される時も復習がてらに1作目を観た気がするんだけど…(笑)

そんな訳で今回はTDLのアトラクションでもお馴染みの海賊映画をご紹介。
(つかこれ、さり気なくディズニー映画なんですよね…)
まあ今更紹介するまでもないかなとも思いますが、今折角公開しているしということで。


[ストーリー]
総督令嬢エリザベス(キーラ嬢)が海賊に攫われた。
彼女に身分違いの恋心を抱いていた鍛冶屋のウィル(オーリ)は、
海賊ジャック(ジョニデ)の力を借りて彼女を助けに向かう。



うーん、なんか、こうなんだけど、文章にすると「あれーこんな話だっけ?」って感じですね(笑)。
以下、ネタバレありで感想行きます。


スポンサーサイト

16ブロック


Category: 映画 アクション   Tags: ---

この作品、本編以前に一番驚いたのが、登場人物が会話の中で、「子供の間で流行っているキャラクター」という話をしていて、

遊戯王って知ってるか?今流行ってるんだぜ」

と言っていたことです。
え、遊戯王て、ハリウッド映画の会話の中に出てくるほどアメリカで流行ってんの・・・?
日本ではかなり流行ったし海外でも話題になっていそうではありますが、よもや映画で喩えに出てくるほどとは思いませんでした。
「ずっと俺のターン!」とかも知ってるんでしょうか。


[ストーリー]
刑事のジャックは、証人エディを裁判所に護送する途中で襲撃される。
ジャックは、元相棒フランクらが、自分達の不正の証人であるエディを抹殺しようとしたと知り、エディを連れ、逃げながら裁判所に向かう。


では、以下、ネタバレありで語ります。



あらしのよるに


Category: 映画 アニメ   Tags: ---

この作品の映画化が決まった時、本屋で特集が組まれていて原作の絵本シリーズが大々的に置かれていました。
私はこの本をかつて読んだのが幼稚園くらいなので内容を全く覚えておらず、映画の原作ということで1巻目をぱらぱら見ていたらついつい続きが気になってしまい立ち読み、そのまま全巻あっという間に読んでしまい(絵本なので、ぱら読みだと一瞬なのですが)、良い歳して危うく本屋で号泣するところでした。
そのままレジに直行、お持ち帰りしたことは言うまでもありません。
原作、泣けます。
良かったら原作も読んでみて下さい。
いつの間にか文庫版も出たっぽいので、読みやすくなったかと。



[ストーリー]
ヤギのメイとオオカミのガブは、嵐の夜にお互いの正体を知らぬまま友達になる。
二人は正体を知っても友情を貫いていたが、互いの群れにバレてしまい…。
動物界のロミジュリみたいな…(違う;?)



原作の段階でも、メイが女の子(で二人の恋愛物語)だと思っていた人も結構いると聞きました。
確かに、二人のロミジュリ的関係は恋愛物語にしたくなるような様子。
個人的には、普通に二人が強い友情で結ばれていたって良いじゃないと思っていました。
その一方で、映画に関しては、某Y新聞で「同性愛的」と表現されていたのを始め、児童向けなのに突っ込みどころ満載の記事が様々なところで見られました。
うん、でもまあ、

割とどれも事実でした。(真顔)

ガブとメイのやりとりが友情なんだけど友情なんだけどこれ、人間で考えたら、
要するにお前ら出来てんだろ?(真顔)
という結論に達せざるを得ません。
以下、長くなるので追記にて。


雨がやんだら(小川いら)


Category: BL BL小説   Tags: ---

久しぶりに王道の素敵BLに巡りあった!(笑)
最近変化球系ばかり読んでいたので…(^_^;)
でもやっぱり、王道は面白いから王道なんですよねえ。

まずとにかく攻めの雑賀さんが凄い素敵な人です。
BLにおいて、「現実の世界にいても凄く魅力的な人」って実はなかなかいない気がするのですが、そんなリアルな素敵人。
いや、こんな素敵な人いるのか?という疑問もあるけど(笑)。
でも、単にいい人なだけでなくちょっと変わり者なところで釣り合いが取れてる気がするから大丈夫です(?)
ていうか他のキャラも、全員リアルなところが良いと思いました。
この話は主人公が、恋人・高橋に振られるところから新たな恋が始まるのですが、高橋も、本当に嫌な人!というよりは、こういう人、絶対いるよなと思うような人です。
主人公も、雑賀さんに告白されてからも高橋のことが忘れられずに迷っている。
新たな恋が来たからといってずっと好きだった人をすぐに忘れられるとは限らないですものねえ。
そしてそれを知りつつも、無理に押し切るでもなく、主人公の気持ちを汲みながらさり気なく(?)恋人立候補する雑賀さん。
そんな何気ない、じんわりしみじみとしたお話でした。
一つ言うなら、雑賀さんの過去とかを取り出したんならもうちょっと彼の心情とかも掘り下げてあげてもよかったような・・・。
いや、主人公視点の作品だから仕方ないのかもしれませんが;





↓宜しければランキングクリックしてやって下さい。
励みになりますm(__)m
fc2ブログランキング

ミスティック・リバー


Category: 映画 サスペンス   Tags: ---

このジャケットデザイン、良くないですか?
ポスターもこれだった気がするけど、きれいだし物語をいい感じに表現してて好きです。



[ストーリー]
子供の頃仲良しだったジミー、ショーン、デイブ。
11歳のとき、3人で遊んでいた際デイブが誘拐・暴行事件に巻き込まれ、以来疎遠になっていた。
その25年後。ジミーの娘が殺された。
担当刑事はショーン、容疑者はデイブ。
四半世紀ぶりに再会した3人の感情が渦巻く中、事態は思わぬ展開に・・・。


やっぱり、「幼なじみ」って一種独特のキーアイテムだと思うわけですよ。(アイテムじゃねえよ)
もうストーリー読んだだけで色々と妄想が膨らむ。


[感想]
子供時代仲良しだった3人が、刑事・容疑者・被害者の父という違った関係になり、微妙な緊張感を漂わせて会話しています。
3人が子供時代に道路に彫った名前が今も残っていて、象徴的に描かれており、それが切なく印象的です。
そしてそれが萌えです。
サスペンスゆえラストが肝なので、ここで詳しくネタバレトークが出来ないのが歯痒い(^_^;)
ラストは切ないというか、演出が非常に良いのですが、物語としては、「え、ちょ、それで良いの?!」というか…(苦笑)。
爽やかハッピーエンドとは言い難い、とだけ述べておきます。
まあジミーがかっこいいので良いです。(良いのかよ)
心なしかショーンの一人勝ち感がしますが。
まあショーンがかっこいいので良いです。(本当にそれで良いのかよ)
サスペンス物推理物ってレビュー難しいなあ…


ストーリーを読んだ時の妄想予想よりは、余り3人の細かい関係性が描かれていなかったところは萌え映画的には残念ですが、純粋にサスペンス映画として面白いです。
まあよく考えたら、これは幼なじみの関係がメインなのではなく、殺人事件がメインですからね…。
役者陣も豪華ですし、それぞれの微妙な心情がとても伝わってきて、演技も文句なしです。



↓宜しければランキングクリックしてやって下さい。
励みになりますm(__)m
fc2ブログランキング

トロイ


Category: 映画 史劇・戦争   Tags: ---


古代ギリシャの服って、何だってあんなに露出度が高いんでしょうか…。
いや、気候とかの問題だとは思うんですが、
戦闘服のあの

ミニスカみたいな仕様

はどうなの?!
裾がはだける度に太ももの付け根辺りまでしっかり見えちゃってまあ、
チラリズムが気になって落ち着いて戦争出来ない気がするのだが。

そんな訳でトロイです。
ブラピ、オーリといったいい男がぞろぞろ出てくる萌え映画。
今回この映画において男達のミニスカ(違う)姿以上に萌えポイントと致すのが、トロイの王子・ヘクトル兄&パリス弟の、最強の兄弟愛


[ストーリー]
トロイの王子パリスは、スパルタの王妃ヘレンと禁じられた恋仲にあった。
お子ちゃまパリスは勢い余ってヘレンを自分の国に連れて帰ってしまう。
当然キレたスパルタの王は兵を率いてトロイに殴り込みに来る。



・・・多分、こんな感じ。(本当かよ)
何だか、ヤクザの若いのが違う組のボスの女寝取っちゃったやべえって感じですな。(え、違う?)
ネタバレを含む詳しい語りは、長くなるので追記にて!

きみの処方箋(月村奎)


Category: BL BL小説   Tags: ---


何も考えずにいられるほど子供ではないけれども、割り切れるほど大人でもない、それが思春期なんでしょうかね。
色々と悩んでじたばたする主人公の心情がとてもリアルで、爽やかな気持ちで読めました。
私も昔は若かったの!(そんな)


〔ストーリー〕
智朗(17)は母の死後伯父の家に引き取られた。
従兄の克巳(18)は病弱にも関わらず明るく人懐こい性格だが、
智朗は自分が引き取られた身であるという思いから、伯父一家に馴染めないでいた。



〔感想〕
私、途中、一瞬BLだということを忘れかけました。
淡々と日常の些細なことで諍いが起きたりして、その中で智朗たちが成長していく。
主人公の不幸な生い立ちというのはBLではありがちだけど、
それを変に扱ったりしないで、思春期らしく悩んでいて良いなと思いました。
それが微笑ましい!笑
また、私がいいなと思ったのは、当て馬とまでは言わないけれど、それに割合近いポジションにいる女の子・草子ちゃんの後日談的短編が入っていることです。
こういうキャラって本当に扱いが酷かったりすることが多い中、
ちゃんと彼女の悩みなども描くだけでなく、後日談でちゃんと幸せにしてあげている。
彼女も含めた他の登場人物の、智朗がそれまで気付かなかった本心もきちんと描いていて、
だから尚更後味が良いんだと思います。

「惚れた腫れたの行き着く先が絶対セックスでなきゃならないなんて、俺は思わない。」

「あんたの身体にいらない負担をかけるくらいなら、みっともない男でいる方が百倍マシだ」


この台詞、すごい良いなと思いました。
克巳の身体への負担を考えて止めるのですが、安易にそういう方向に持って行かない、そういうBLがあっても良いかなーと思います。
BL初心者や、あまりきついのはちょっと・・・という方にオススメ出来る一冊かと。



↓宜しければランキングクリックしてやって下さい。
励みになりますm(__)m
fc2ブログランキング  ブログランキング

X-MEN


Category: 映画 SF   Tags: ---


以前、塾講師のアルバイトで英語を教えた際、
「スーパーマンとかは1人だから『man』、Xメンは複数だから『men』でしょ?」
と言ったところ、生徒に
「映画なんか観ないので分かりません」
とすぱっと言われてしまった悲しい思い出があります。
分かってる、どうせ私は映画オタク。
さて、今回はついに(と思っているのは私だけ)、アメコミ映画の中で個人的ベスト萌えシリーズ、Xメンの第一作をご紹介します。(2作目以降はいずれ追ってご紹介します;)
男前主人公ローガンを演じるのは、前回のヴァン・ヘルシングに引き続き、ジャックマン。


〔ストーリー〕
近未来。特別な力を持って生まれてきたミュータント(突然変異体)が現れたが、彼らはその力ゆえに人々から迫害されてきた。
主人公ローガンと少女ローグは、迫害から逃れ、ミュータントが人間と共存していく為に作られた教育施設に辿り着く。
そして、創設者Prof.Xを中心に学校に集まったミュータント達は、
「人間に復讐しミュータントが世界を乗っ取ろう」と考える組織と対峙することとなる。



このようなストーリーなので、個性的な登場人物が多いのが魅力のこの作品。
以下、長くなるので追記にて萌え語り行きます。

ヴァン・ヘルシング


Category: 映画 アドベンチャー   Tags: ---

「吸血鬼VS吸血鬼ハンター」、とか、仮面舞踏会、などといった、
耽美好きには堪らないシチュエーション盛り沢山。
ですが、カテゴリーから行くとアドベンチャー?かなーと思います。

[ストーリー]
簡単に言うと吸血鬼退治物の超王道。
モンスター・ハンターのヴァン・ヘルシングが、命を受けてドラキュラ伯爵退治に向かい、
そこでドラキュラを倒す宿命の家の末裔・アナ王女と出会うが・・・。



ジャケットの写真見て頂くだけで分かると思いますが、まずとにかくヘルシングが男前です。
ジャックマンが帽子の似合うこと似合うこと・・・!
そして、対するドラキュラ伯爵(↓)がまた素敵なのですよ!(´∀`)
vanhellsing.jpg

では以下、ネタバレありで語ります。

メン・イン・ブラック


Category: 映画 SF   Tags: ---

映画評価★★★★
萌え評価★★

黒スーツって、代表萌えアイテムの一つですよね。

ええ、私も大好きです!(笑顔)

さて、今回はそんな黒スーツに身を包んだ男達が、エイリアンと戦っちゃう作品をご紹介します。

〔ストーリー〕
実はこの地球上には、既に宇宙人が姿を変えて暮らしている。
その宇宙人の監視と犯罪取締りの為に活躍する組織、それがメンインブラック。
宇宙人の存在は一般人に知られてはいけない為、彼等は社会的存在を抹消している。

〔登場人物〕
J・・・新人捜査官
K・・・新しくJを相棒とすることになったベテラン捜査官

・・・なんか、色々妄想ゴコロをくすぐられる設定ですよね…。

一応言っておくとこの映画は普通にSFとしての面白さや登場するエイリアン達の素っ頓狂なコミカルっぷりが見所で、男同士の厚い友情・・・とかそういう描写はあまりないのですが。
普通に二人がかっこよい。
あ、私はベテラン・Kが好みです。(聞いてません)
でも正直、
「過去も社会的存在も消された黒スーツの男二人が、ただ任務を遂行するために生きている」
って、

オイシイ設定だなあ・・・

とは、思いまし た 。(告白)
BLだったらこの設定で幾らでも萌えが量産できると思います。(そんな喩えするな)

まず名前が良いよなあ…何だよKとJって…。(そこにときめくの;?!)
お喋りで感情豊かな新人Jと、クールな渋面Kのちぐはぐなやり取りが凄い可愛いです。
それでも最後には二人の信頼関係も良い感じになっていて、「うおお!」と思いましたよ…!

後は、変に主人公とヒロインとのラブ!みたいなのがないのも良いですね。
確かに恋愛も映画の大事な要素ではあるけれども、どうも最近の傾向で、物語的には必要ないけどとりあえず恋愛要素は入れておけ!という無理矢理挿入感が凄く嫌なので。
何よりこの映画のヒロイン(?)、物凄く良いキャラしていますし(笑)。


[総合評価]
普通の映画的にも面白いので大変オススメです。
エイリアンとかそういうSF系って複雑そうなイメージですが、
凄いコメディテイストなので何も考えずにさらりと見られると思います。



↓宜しければランキングクリックしてやって下さい。
励みになりますm(__)m
fc2ブログランキング  ブログランキング

復活!


Category: blog ある隠れ腐女子の日常   Tags: ---
長い編集期間を経て、ようやく移転処置が全て終り、復帰しました!
今後とも宜しくですm(__)m



カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。