腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダークナイト」


Category: 映画 アクション   Tags: ---

ご無沙汰しておりすみません。
今回は全米興行収入史上2位を記録(現在は3位)した大ヒット映画です。


[あらすじ]
「ジョーカー」と名乗る犯罪者がゴッサム・シティに現れた。
バットマンことブルース・ウェインは、新任の地方検事ハービーが悪に立ち向かう姿を見て、(バットマンと違い)姿を晒して正々堂々と悪に挑むハービーこそ真のヒーローだと考え、バットマンを引退しようと考え始める。
いっぽうブルースの幼なじみであるレイチェルはブルースとハービーとの間で揺れていた。
バットマンを追い詰めるジョーカー。
ジョーカーの目的は、「恐怖」と「混沌」をもたらし、人間の「本質」をさらけ出すことだった。




監督は「インセプション」などで知られるクリストファー・ノーラン。
ジョーカー役は、「ブロークバック・マウンテン」で主演し、また少し前に若くして亡くなったヒース・レジャー。
ただでさえ難しい役柄なうえに二代目ということでプレッシャーも多いこの「ジョーカー」という役を熱演しています。

アメリカでヒットした理由はいろいろあると思いますが、やはり他のヒーローもの映画と一番異なるなと感じるのは、「ヒーロー映画なのにヒーローがスカッと敵を倒さない」ところでしょうか。
もっと言うと「誰も幸せにならないし、正義側の人間も悪いところがある」といった描かれ方。
勧善懲悪ヒーローもの大好きなアメリカでこの映画がバカ売れしたことはなんだか時勢を感じます。


作品としてもいろいろと語るべきところ、観るべきところはあるかと思いますが、このブログは萌え映画のススメですのでこのくらいにして、以下、追記より、萌えポイント語りに入ります。


スポンサーサイト
テーマ : 腐女子的思考    ジャンル : サブカル

「スパイダーマン3」


Category: 映画 アクション   Tags: ---


いきなり3ですみません。
久しぶりに観たので忘れないうちに。

[あらすじ]
スパイダーマンの正体であるピーター・パーカーは、彼女のMJとの関係もよく順風満帆な日々を過ごしていた。親友だったハリーは、ピーターが父の仇だと信じ、ピーターを襲うが、争いの末ハリーは、父が死ぬ以前から最近までの記憶とピーターへの憎悪を失う。
いっぽう、脱獄犯が叔父殺しの真犯人と知ったピーターは怒り、謎の液状生命体「シンビオート」がピーターの体を黒く染め、気がつけばピーターは今まで以上のパワーを持った「ブラック・スパイダーマン」となっていた。




続編という性質上、ネタバレ多めなので、感想は追記に折りたたみます。
代わりに一つ小話を。
この映画、ポスターが日米で同デザインが違う、ということで当時ちょっと話題になりました。
今作は正義のスパイダーマンがシンビオートの影響でブラック・スパイダーマンという「悪」になりかけて葛藤する、という、自分の中での正義と悪との戦いがテーマとなっているため、「ガラスに映るもう一人の自分」という王道な構図なのですが、それが↓のように真逆なのです。

スパイダーマン3


米国版は赤いスパイダーマンが実体、黒が虚像。
日本版は黒が実体、赤が虚像。
両国の文化の違いをよく表していて非常に印象に残っています。
米国版のほうは、本来のヒーローを主体とすることで、外部からの悪の誘惑、悪が襲いかかる、というイメージですが、日本版は「誰でも心に悪の部分がある」という内からの悪の表出、という印象を受けました。
日本は米国ほどマッチョヒーロー信仰みたいなものがないので、ヒーローかっこいい!よりもヒーローだって等身大の人間、のほうが好まれるのかもしれません。


以下、追記より萌え語り。


テーマ : 腐女子的思考    ジャンル : サブカル

「K-20 怪人二十面相・伝」


Category: 映画 アクション   Tags: ---


[あらすじ]
身分制度の残る架空の昭和24年。
怪人二十面相の革命的な新エネルギー機関・テスラ装置を盗むという予告に、探偵・明智小五郎は捜査を依頼される。
一方、サーカス団で働く平吉はふとしたことから怪人二十面相にだまされ、彼の替え玉に仕立てられたために警察から追われる羽目になってしまう。平吉は疑いを晴らすため、自らも二十面相を装い、二十面相を追うが…。


以下レビュー。


テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

「追跡者」


Category: 映画 アクション   Tags: ---


[あらすじ]
殺人容疑で逮捕されたシェリダンは、護送中の事故に乗じて脱走。ジェラード警部との追跡劇がはじまる。


以前レビューした「逃亡者」の登場人物ジェラード警部のスピンオフ映画。
何の因果か、警部は今度もまた嵌められて殺人犯に仕立てられた被疑者を追います。(前回とは微妙に設定が違いますが)

警部役は「逃亡者」に引き続き、トミー・リー・ジョーンズ。
最近では缶コーヒーBOSSのCMですっかりおなじみですが、昔気質の「事件は足で捜査」的な警部役がいい味を出しています。
周りの人とのコミカルかつ信頼関係のあるやりとりもかわいい。
また、外交保安局から派遣された若い捜査官に、ホームズ役でおなじみのロバート・ダウニー・Jr.です。



テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

『シャーロック・ホームズ』


Category: 映画 アクション   Tags: ---


この映画、公開当初から腐女子の間で大盛り上がりしていましたけれど、とてもいい萌え映画です。
もともとの原作も、「二人の関係は同性愛的」としている評論家もいるくらいで、まあいい年した男二人が一緒に暮らしてずっと一緒にいるのが悪いんですが…。


<映画本編のレビュー>
あれ…ホームズってこんな話だっけ…?というのが第一印象です(笑)。
映画の冒頭から最後まで、アクションというアクションの連続な肉体派ホームズ。
ミステリーというより、謎解きはおまけでアクションが本編という印象です。
確かに原作でもホームズはボクシングなど運動にも長けていますが…。

そんなわけで最初こそ従来のホームズのイメージが強すぎて驚きましたが、それを一回払拭すれば、アクション物として楽しいです。展開が早くテンポが良いです。
ただ、ミステリーとしては今ひとつかなあと。やや詰め込みすぎな印象を受けました。
一応事件を解決してはいますが、次回作を意識してか、謎や黒幕を色々残してのエンディング。
次回作をやるのは嬉しいけど、すっきりしないのでもうちょっとしっかり終わらせて欲しかったです。
そんなわけで映画としての出来はまあまあですが、ホームズとワトソンの掛け合いに萌えるという意味ではとてもとても素晴らしい萌え映画ですので、以下、追記より萌え語り。


テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック
カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。