腐女子的萌え映画のススメ

男同士の友情、恋愛、信頼関係にときめく乙女の為の、萌える映画を語るブログ。 映画だけでなく、舞台・小説・漫画などの感想も書いていきます。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「間宮兄弟」と江國香織


Category: 映画 人間ドラマ   Tags: ---

[あらすじ]
間宮兄弟は30すぎても映画を観たりパズルをやったりして仲良く楽しく暮らしている。
女の子にもてないふたりは一発奮起して、あるとき同僚やビデオ屋の女の子を家に招いてカレーパーティーを行うが…。


スポンサーサイト
テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

『最高の人生の見つけ方』


Category: 映画 人間ドラマ   Tags: ---


<ストーリー>
余命半年と宣告された大富豪エドワードと自動車工カーター。
全く異なる経歴の二人は、「死ぬまでにやりたいことリスト」を作り、冒険の旅に出る。



ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという大御所二人の名演は必見です。
いい味出してます。
以下、追記よりレビュー。


テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

『真夜中のカーボーイ』


Category: 映画 人間ドラマ   Tags: ---



[ストーリー]
ジゴロになって一儲けしてやろうと夢見てテキサスからNYに来た二枚目青年ジョー。
だが、現実はそう簡単にうまくいかない。
そんなときジョーは、足の悪いラッツォと出会う。
そしてジョーは何やかんやでラッツォが住み処としている廃ビルに転がり込み、ラッツォはジョーのジゴロ業のマネジメントをすることになる。



以下、ネタばれしながら語ります。


テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック

「県庁の星」


Category: 映画 人間ドラマ   Tags: ---

別に萌え映画って感じではないごくごく普通の映画なんですが、織田さん演じる主人公がすごい受け受けしく見えて仕方ありませんでし た…(爆)
ゆえに少しだけ語らせて下さい。(ネタバレ含む)


ひたすらマニュアルを重視する、エリートコース一直線の生意気な役人が、突如降りかかる挫折の連続にすごいへこむ姿が・・・こう・・・、

木原音瀬の受けのイメージっていうか

今まで迷いなく順調に来た主人公が、一気に降りかかった苦難を受けて雨の中を彷徨う様子がゆかしかったです。
ああいうタイプって打たれ弱いよね…萌え…みたいな…。

誰かずっと彼を密かに想いまくってた人慰めてあげて…みたいな…

まあ、終盤は余りに急激に丸くなりすぎた風があって少しげんなりだったのですが。(人間そんなに変われないと思うし、少しだけ変わるくらいの方が面白いと思うのですが)
あと実際問題相手もいないし(そこは問題ではないかもしれないが)
あの同僚さん?はあと一押して感じですけどね!
ちなみに、作中既婚者設定の柴咲さんの役とも、くっつきそうに見えて、くっつかないんですよね。
誰かこの子を幸せにしてあげればいいのに。
男女は問いません。

作品としては特に目新しいところがある訳でもないですし、単純明快楽しめる系の娯楽作品ではありますが、やはり、織田さんて本当に「映画俳優」て言葉がぴったり来るいい役者さんだなと思います。
近日公開の椿三十郎も楽しみな次第です。




↓宜しければランキングクリックしてやって下さい。
励みになりますm(__)m
fc2ブログランキング  ブログランキング

「メゾン・ド・ヒミコ」


Category: 映画 人間ドラマ   Tags: ---

よい映画でした…!
よい映画でした、うん!
そんなわけで(えー)、紹介行きます。


[ストーリー]
沙織は、自分と母を捨てゲイとしての道を選んだ父を許せないでいた。
ある日父の恋人という男春彦が現れ、死期が迫った「卑弥呼」に会って欲しい、と言う。
父は有名なゲイバーのママ「卑弥呼」であったが、今はゲイの為の老人ホームを作り、自らもそこで暮らしていたのだ。



割と奇抜な設定ですが、根底に流れるのは優しい愛情の物語。
特にインパクトがあるシーンがあるわけでもないのに、何か心に残るものがある、そんな映画です。

優しい時間が流れているホームだけど、実際は、地元の少年たちの嫌がらせ行為など、差別の目は多い。
この映画の良いところは、そういった差別の「理不尽さ」を描きながら、自分らしく生きる為に家族を捨ててしまった卑弥呼や他のホームの人達の持つ「理不尽さ」も同時に描いているところだと思います。
沙織はまさに、彼等が自由に生きる為の「理不尽さ」の「被害者」であり、その為に苦しむ母を見て来た。
だから彼女は、ゲイに対する差別的な考え方は変わっていっても、父のことを許せる訳じゃない、と思っています。
一方で、「自分らしく生きる」ことによって、生き生きと余生を送っているホームの人達、彼等の前に迫っている「死」の存在。
そういった微妙な関係、様々な問題を扱いつつも、それを観ている側に押し付けることなく描いていると思います。
最終的に変に和解したり、お互いをがっつり分かり合ったりするでもない自然な描かれ方が、個人的にすごく好きです。

色々考えさせられたのでつい真面目に感想を述べてしまいましたが、
以下、ネタバレしながら少しばかり萌え語りさせて下さい。

カテゴリー
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ

2014年 10月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【11件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 09月 【2件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【5件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】

 
カウンタ
since:07.5.15
 
QRコード
QR
 
 
 
 
 
プロフィール

葛城

Author:葛城
森羅万象に萌えを追い求めて迷走している不憫な人。守備範囲は揺りかごから墓場まで。
いつも「趣味は映画鑑賞です」と言っておく隠れ腐女子。嘘はついてないよ。
おっさんとか主従関係とかが好物。
呟き⇒katsu_ragi

 
メールフォーム
何かありましたら

管理人へのご連絡はこちら

 
 
つぶやき
 
ブロとも申請フォーム
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。